ご挨拶
著者近影
シルエットで失礼します
HN:風来坊
本名:天野速人
1972年3月生まれ
鼠年で魚座で一白水星
社会人になってからずっと自営業
神奈川県厚木市在住で売れ残りの独り者

 鉄道を趣味にし始めたのは、恐らく15才の春からですが、思えばそれからずっとDD51ばかりを撮ってきたような気がする、惑いっぱなしでちっとも不惑じゃないアラフォーです。

 20代前半の頃、伝説の趣味集団的な呼ばれ方をする『けむりプロ』の『鉄道讃歌』を初めて読み、その姿勢や考え方、なにより、他人の考えや世間の流行に迎合しない、ストイックなまでの求道的姿勢に感化された様に思います。

 改めて考えれば、鉄道趣味の業界が復活C62一色の頃に東北の50系客車を狙ってみたり、最後のゴハチがフィーバーしている頃にEF65の一般型を追い掛け回したり・・・・と、そんな事ばかりしてきました。そして、改めてその中で振り返ると、特に意識もしてこなかったのですがDD51の走る路線を結構マメに撮影していたようです。

 元来が天邪鬼でへそ曲がりなものですから、誰も見向きもしないような被写体を撮るのが楽しい人間でして、鉄道讃歌と出会った後、鉄道趣味業界の中で沸き起こる流行の裏を狙うような撮影をするようになり、ローカル線の普通列車や地味な貨物列車を撮るようになりました。

  その後、30代の終りにちょっと大病をしまして、全く完治せぬままダラダラと病気に付き合っていますが、ふと気が付くと日本人の成人男性平均寿命も折り返しの下り坂に入ってしまい、そろそろ終わり方を考えるようになって来ました。

 俗に、『人生時計』などと言いますが、人生80年を24時間に縮めれば、1時間はざっくり3.3歳の計算です。まぁ、ざっと言えば20分で1歳年を取る勘定ですね。

 それで換算すると、自分の人生時計は既に午後2時位の所でしょうか。おやつと晩飯と寝酒の算段と、あとは、何時頃に寝ようかと考える時間帯でもあります。

 言い換えれば、午前中にやり残した事を片付けないと、一日が終われないって頃合になってきました。

 『・・・・今まで撮ったまま死蔵している写真をどうにかしないと』

 ふとそんな事を思い、ブログやSNSの活用も考えたのですが、単純に写真を見せるならサイトを作った方が早い。ここに写真を出して、見たい人だけ見てくれれば良い。将来、何らかの資料的価値が生まれるかも知れないし、誰かの記憶やパソコンのキャッシュに残るかも知れない。

 もっと言えば、気に入ってくれて壁紙にしたり待ち受けにしたりと、自分の写真を使ってくれるかも知れない。その結果としてネットの海の何処かで写真が漂うかも知れない。

 加齢と共に物事の考え方は変わるものですが、自分も最近は少しだけ大人になってきたのか、自分の力ではどうしようもないものは、それそのものと受け入れられるようになってきましたので、この案件も流れに身を任せる方が良いかと思います。

 ですから、著作権上の権利を放棄する事はありませんが、個人で利用する限りではこのサイトの如何なる写真も自由に使っていただいて構いません。やって欲しくない使い方は3種類で、まず『営利目的での無断使用』と『画像のパクリ使用』はキッパリお断りいたします。

 三つ目は判断が微妙ですけど、無料冊子や何らかの無料イベントにおけるパンフレットなどへの使用などボランティア的なイベントにおける使い方です。この場合は、必ず出展元を明らかにし、撮影者である私の名前を掲示してもらいます。

 この辺りに付いては、著作権に付いてのページで詳細に述べますので、そちらを参考にしてください。よろしくお願い致します。